このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「気が向けば一言」の本年掲載物案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

【芸術関連】:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • 【📷🎦】芸術関連
  • 予告【2020/?/? 正式公開予定】?・№178・Mr.obamaのセルマ行進写真を題材に写真・芸術とは何かを考える
    :超多忙でアメリカ大統領選挙後に清書検討
  • (下書き段階公開)http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1265/
  • №178・Mr.obamaのセルマ行進写真を題材に写真・芸術とは何かを考える

    • ↑ click Picture=Link
    • 【浜田隆政コメント】先日、ミスター・オバマ関連の写真の幾つかにまとめて「いいね」をした。この時のみは、内容ではなく、写真としての価値からの「いいね」であった。後日、この写真を題材に、「写真とは何か」「芸術とは何か」について記す。時期は超多忙で未定である。 なお、上記の写真は調べるとポスターとして販売されていた(現在、売れ切れである。)同上はこのポスター会社のCMから掲載している。ポスター会社のCM版を私のHPでCMすることは一般に苦情がつきにくいからである。
    • 2020/03/12 15:39 当初は下書き保存し、メモが下書きとなってから(SNSのCM抜きで)公開し、清書段階で(SNSのCM付きで)正式公開予定でいたが、2020/03/12 15:41 前者公開とする。 現在は下書きよりもメモ段階(追記以上に、削除する部分が多い。特に英語の部分はかなり削除予定)
    • 予告 【 2020/03/?】気が向けば一言【政治 】 №179・奇妙な話―コンテンツの謎―オバマ氏~ジョンルイス氏~トランプ氏…何の話(メモ段階)。 http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1269/
  • 【ふるさとシリーズ】
  • 2020/06/29:ふるさとの記録―1・(村のアルバム記載文書から)
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=21849
  • 2020/07/5:ふるさとの記録―2・拙著『フォットエッセイ・ふるさと』(村のアルバム記載文書から)から
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=21887
  • 2020/07/18:ふるさとの記録―3・拙著『フォットエッセイ・ふるさと』(1952~68年の村の子供達)から
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=22071
  • 2020/07/24:ふるさとの記録―4・拙著『フォットエッセイ・ふるさと』(1952~68年の村の子供達③)から
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=22106
  • 2020/08/05:ふるさとの記録―5・拙著『フォットエッセイ・ふるさと』(1952~68年の村の子供達④)から
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=22194
  • 2020/08/05:ふるさとの記録―6・拙著『フォットエッセイ・ふるさと』(1952~68年の村の子供達⑤)から(正式公開)
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=22284


  •  💌情報公開コーナー
  • T20-002:大昔に嘘と思ったG氏「輪姦」話の件と…何故か私が脅されているかのような気配の件
  • http://yasuragiblog.h-takamasa.com/?p=29808


  • 🥴😵奇怪な出来事(催眠と謀略編)コーナー


  • 🔐重要コーナー
  • 【2020/2/8】気が向けば一言【国際政治】№169アメリカ大統領選挙と私
    ↓click Picture=Link
  • http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1243/ (February 8)【☝一言】№169アメリカ大統領選挙と私→正式掲載。
    http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1243/
    政府が、幾つかの手段で介入することは内政干渉…。
    個人の場合には、掲載や活動方法自体が日米の法、国際法に違反していなければ問題がない。

    しかし、様々なデマが飛ぶ危険性がある。
    そこで、私は合法の範囲内であっても、(友を心配する)人情として当たり前であっても、仕事上読者を集める上に不可欠であっても、結果以外は投票中継すら断念することを、本日(2020/02/08)宣言をする。

    結果は天のみぞ知るであろう。
    It is anyone's call, that is, "Heaven only Knows".

    関係資料(アイオワ州世論調査動向と今回の選挙関連資料)を今回のみ掲載
  • 🗽政治経済を語る・日韓問題への当初の仲介案と、仲介類ができない理由。
    (2020/2/16公開)
    http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=268 7 1

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「旅に心をもとめて」の本年掲載物案内が出ます
        ☟ :🚴・🚌・🚂・🚶(既に開いている場合を除く。)

【🚴旅・フィールドワークシリーズ】:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • 予告
    click Picture=Link

  • 【🚴&🚂&🚌旅シリーズ
  • 【2020/1/15公開】旅に心を求めて
    What is a Human Being?日野富子(1440-96)を訪ねて、歴史に想う::📷日野富子の墓(向かって左から二番目の小さい墓)↓click Picture=Link
  • 写真クリック or 右クリックでリンク=http://h-takamasa.com/Blog/?p=20294
  • ●日野富子の小さな墓を前に、人間とは何か、幸福とは何か…を考える。更に戦(いくさ)…も
  • 【抜粋】…権力や富を手に入れた人達あるいはその子達が、安らぎの場である、自らの家族の中に大きな苦悩を抱えている姿を、私は必ずと言ってよいほど目にする
     少なくとも、権力や大金を手中にしている人たちの兄弟姉妹が全員非常に仲が良かった、という話を聞いたことがないのは私だけではあるまい。いわば法則といって良いのではないかと思うことさえある。
     ともかく、富子の片手には権力と富が、片手には夫との不和、息子と夫(息子の実の父)との確執、自分の実の妹との軋轢(あつれき)という苦悩を抱えることになる。その上、彼らの死去により一人取り残され、そして彼女の財産を手中に収めた遠縁の義澄(よしずみ)の彼女への態度を再度思い起こしていただきたい。彼女の人生は何であったのか。

コラム

  • 💁: ㊙私文書&私的部門公開目次は下記文字アンダーラインクリック
  •  ①私的ブログ目次  ②私文書公開目次 ③私的情報公開  ④トラブルブログ
  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「駿台辞職の原因捏造・女性の件」の本年掲載物案内が出ます。😡重要な刑事犯罪被害の方はまだ記述していません。
        ☟(既に開いている場合を除く。)

駿台予備学校講師を辞めた経緯を記載した箇所のアドレス集=解説は▽クリックでオープン

  • 【2020順次更新中公開】【安らぎ文庫ブログ】 駿台予備学校講師を辞めた経緯を記載した箇所のアドレス集 :2020年6月以降も追記あり(画像クリックでもOK)
  • http://h-takamasa.com/Blog/?p=20160
  • 駿台時代の件の謎
    話題となった駿台女性NMへ💌は1984年9月。だが、私が1983年夏に水俣で出会った子に関心が…の頃、NM等が…の謎。奇妙な話であるが、職員女性への熱すら、下記人物らが絡(から)んだ後で、突如、不可思議な形で、催眠類(1984年1月)としか思われぬ形でNM熱が起こる。高校生コースとNMが視線が火花…知り合いかと驚いた謎(1984年1月)。NM熱以前。
  • 何人かが(女性ともめるというよりも)駿台職員女性と話題になる前に近づいてきた謎。
    絡んでいるような印象操作をした女性講師が何度も話しかけてきたのは、1984年冬前後であり(この頃私が椅子から転び、その講師が大笑いをしていた頃であり)、催眠型で女性職員NMに熱を上げさせられる前後である。手紙などを出す半年以上前である。男性講師K(理科)の方も手紙を出す前のことである。(ただし、彼ら・彼女らが本当に絡んでいるかどうかは全く不明である。)

    要するに、女性の件で上記の人間群が絡んできたのではなく、上記の人間群が絡んだ後で女性NMの件が起こっている。ライバル政経講師…?…(現時点でも不明)…

    1986年4月大阪校移動後に、マイク・温度調整…無関係学生…と授業妨害、1987年からは岡山市のアパートへの住居不法侵入、🚴悪戯、未明の📪叩き、拉致被害未遂…と。駿台あっ旋東洋ホテルでも被害…後にホテルは身売りし、更に閉業。
    駿台女性に指一本触れず、デート所か学外でも合わず、○○室係女性6年合計で一人当たり十分程度の会話で…更に駿台辞職後、勤務先能開大学校などが一変…被害は2020年現在も続く。36年の被害の謎。

    上記より理論分析すると、犯人Xが私と誰か(Y)と人間違いをして……物語が進行したとしか解釈はできない。また、世界の、私の友人達(テレビやパソコンで出会った世界の首脳の何人か)は何か情報を持っているのか、偽者(にせもの)の強調や…(後は本文参照。)
  • 上記の「世界の首脳」とは誰か、また見た掲載物も場合によれば明記してもよい。ただし、記載は事実であるが、私の件との関連は明記されていないため、別の目的での掲載ということもありうる。それでも勘違いならば複数以上の人が同時に…の確率は低いと思うが定かではない。見た時期は2019年4月頃である。
  • (上記の謎について記した箇所の)リンク集が安らぎブログ(1/4公開:記載の都度追記中)

公式ブログ:政経編

  • 【公式ブログ】
  • 5月29日:💁政治経済を語る№28・日本貧乏物語・詐欺年金と親方日の丸の話③・三話・詐欺年金で老後何とかと勘違いと老後必要額の話
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=27598
  • 6月17日:💁政治経済を語る№29・日本貧乏物語・詐欺年金と親方日の丸の話④・四話・家族制度崩壊と年金・老後破綻問題
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=27826
  • 7月8日:💁政治経済を語る№30・日本貧乏物語・詐欺年金と親方日の丸の話⑤・五話・ハイパーインフレと老後用貯金破綻の危険性
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=28306
  • PDFのない人はクリック→http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=27316
  • 上記(政経№25)以外は下を参照。MEPart1~2の案内も下記に収録。
  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「公式ブログ」の本年掲載物案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

【🕊️日本のフィクサーMEシリーズ】:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • 🕊日本のフィクサーMEシリーズ
  • ↓『日本のフィクサーME・掲載箇所リンク集』(2020/1/12掲載
  • 📣🕊️日本のフィクサーMEシリーズ全シリーズの概要と公開中の📣アドレス集(清書・大幅追記)写真クリックで(公式ブログ)該当箇所へリンク
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=24005
  • 【最近のME断片集】
  • 2020/06/27日本のフィクサーME・P6メモ①ボルトン 前大統領補佐官の回想録で、私の言動の事実を一部実証
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=28094
  • 2020/07/25日本のフィクサーME・P6メモ②拉致問題とミサイル問題等
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=28365
  • 2020/09/2日本のフィクサーME・パート6・安倍総理辞任と私(ME):正式公開
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=28677
  • 🔏重要コーナー

最近のお勧めコンテンツ

📷(写真関連)→巨大写真コーナー:(クリックで該当箇所へ):↓Picture Click📷↓

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」解説の現在掲載国の毎週の開催案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

毎週日曜日更新→🎶今週の歌

  • 以下は、2020/03/15から、第11回世界の歌・ドイツの関係(4月12日頃開催)で、ドイツに順次置き換えて行きます。ただし、4月12日まで、今週の歌該当(現在はパート集)は付録編としてベトナム特集中です。第10回ベトナムと第11回ドイツへの移行準備の期間です。
  • ベトナム関連データ移動先=第10回世界の歌・🇻🇳ベトナム(Vietnam)解説(3)今回掲載の作曲家や掲載期間中の政治家等。
    http://h-takamasa.com/Blog/?p=19843
  • 今週の歌・ドイツ第三会場
  • (今週の歌に未掲載のコンテンツ)今回やヨーロッパのドイツの衣装紹介
  • (1)ドイツの隅々(すみずみ)までご堪能ください。 (9/5~9/15頃まで掲載)
  • ①Beethoven Sonata N° 14 'moonlight' Daniel Barenboim
  • 【浜田隆政コメント】
  • ②This is Germany [old version]
  • 【浜田隆政コメント】2020/09/10から掲載。
  • ③貝多芬 悲愴奏鳴曲3rd 第三章(貝多芬病毒原曲)Beethoven Sonata No. 8
  • 【浜田隆政コメント】

  • 【今週の歌に収録のコンテンツ】
  • 公式HP=6曲(9/19-9/29頃)→http://takahama-chan.sakura.ne.jp/
  • 安らぎ文庫HP=6曲(9/20-9/30頃)→http://h-takamasa.com/



  • 次回の第11回世界の歌・Germany(ドイツ)関連資料
  • 下記画像クリックで「第11回世界の歌(ドイツのテーマ)」と世界人権宣言1条の映像・音声案内へリンク:2020/04/14ポスター変更
  • (A)ダイナミック部門(躍動大衆型)→主として🕊️公式HPで掲載予定
  • ①ジンギスカン(ドイツ語: Dschinghis Khan)は、1979年から1985年にかけて活躍した西ドイツの音楽グループ。世界の歌シリーズでは「ジンギスカン」「モスコー」等で登場。写真クリックでWikipedia解説へリンク。
  • ②Boney M. is a Euro-Caribbean vocal group created by German record producer Frank Farian.Originally based in West Germany,....世界の歌シリーズでは「Rasputin」「Rivers Of Babylon」等で登場。写真クリックでWikipedia解説へリンク。
  • (B)クラッシック部門→主として、📖安らぎ文庫HPで掲載。 
  • 【(世界の歌で登場予定の)有名な作曲家一覧】
  • ③ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven、1770年12月16日 - 1827年3月26日)
    音楽史上極めて重要な作曲家の一人であり、日本では「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされ、後世の音楽家たちに多大な影響を与えた。
  • Ludwig van Beethoven{ (About this soundlisten); baptised 17 December 1770– 26 March 1827) was a German composer and pianist. He was a crucial figure in the transition between the classical and romantic eras in classical music and is considered to be one of the greatest composers of all time.
  • 写真クリックでWikipedia解説へリンク。
  • �https://ja.wikipedia.org/wiki/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
  • ヘンデル(Georg Friedrich Händel , 1685年2月23日 - 1759年4月14日)は、ドイツ出身で、主にイギリスで活躍し、イギリスに帰化した作曲家。バロック音楽における最も重要な作曲家のひとりであり、特にイタリア語のオペラ・セリアや英語のオラトリオの作曲によって知られる。
     世界の歌シリーズでは「ハレルヤ」等で登場。尚、都合でヘンデル以外の「ハレルヤ」も紹介予定。写真クリックでWikipedia解説へリンク。
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル
  • ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。
  • メンデルスゾーン(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 - 1847年11月4日)
  • バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日 - 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。
  • ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner,、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者、思想家。
  • ★Classic音楽家は下の▼クリックで開閉↓
  • ▼クラシック部門登場者の解説

    • 【ドイツ】
    • ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 - 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。作風はおおむねロマン派音楽に属するが、古典主義的な形式美を尊重する傾向も強い。ベートーヴェンの後継者ととらえる人もおり、指揮者のハンス・フォン・ビューローは彼の『交響曲第1番』を「ベートーヴェンの交響曲第10番」と評した。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%96%
      E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9
    • ヤーコプ・ルートヴィヒ・フェーリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy, 1809年2月3日 - 1847年11月4日)は、ドイツ・ロマン派の作曲家、指揮者、ピアニスト、オルガニスト。

      哲学者モーゼスを祖父、作曲家ファニーを姉として生まれたメンデルスゾーンは、神童として幼少期から優れた音楽の才能を示した。作曲家としては「ヴァイオリン協奏曲」『夏の夜の夢』『フィンガルの洞窟』「無言歌集」など今日でも広く知られる数々の作品を生み出し、またバッハの音楽の復興、ライプツィヒ音楽院の設立によって19世紀の音楽界へ大きな影響を与えた。

      ユダヤ人の家系であったメンデルスゾーン家は謂れなき迫害を受けることが多く、それはキリスト教への改宗後もほとんど変わらなかった。そのような状況にも関わらずフェリックスの業績・影響力は強く、終生ドイツ音楽界の重鎮として君臨した。死後は再び反ユダヤ主義のあおりを受けて彼の音楽への貢献は過小評価されてきたが、今日では再評価の機運も高まりを見せている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%
      E3%83%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%E3%83%BC%
      E3%83%B3
    • ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685年3月31日(ユリウス暦1685年3月21日) - 1750年7月28日)は、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家である。 バロック音楽の重要な作曲家の一人で、鍵盤楽器の演奏家としても高名であり、当時から即興演奏の大家として知られていた。バッハ研究者の見解では、バッハはバロック音楽の最後尾に位置する作曲家としてそれまでの音楽を集大成したとも評価されるが、後世には、西洋音楽の基礎を構築した作曲家であり音楽の源流であるとも捉えられ、日本の音楽教育では「音楽の父」と称された。

      バッハ一族は音楽家の家系で(バッハ家参照)数多くの音楽家を輩出したが、中でも、ヨハン・ゼバスティアン・バッハはその功績の大きさから、大バッハとも呼ばれている。J・S・バッハとも略記される。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BC%E3%83%90%
      E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%83%
      E3%83%8F
    • ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner, ドイツ語: [ˈʁɪçaʁt ˈvaːɡnɐ] ( 音声ファイル)、1813年5月22日 - 1883年2月13日)は、歌劇の作で知られる19世紀のドイツの作曲家、指揮者、思想家。ワグナー、ヴァグナーとも書かれる。

      ロマン派歌劇の頂点であり、また「楽劇王」の別名で知られる[要出典]。ほとんどの自作歌劇で台本を単独執筆し、理論家、文筆家としても知られ、音楽界だけでなく19世紀後半のヨーロッパに広く影響を及ぼした中心的文化人の一人でもある。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%
      E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC

    • 【オールストリア】
    • ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、洗礼名:ヨハンネス・クリュソストムス・ウォルフガングス・テオフィルス・モザルト [Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart]、1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの音楽家[注釈 2]。ハイドン、ベートーヴェンと並んで古典派音楽、ウィーン古典派を代表する一人である。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%AC%E3%83%B3%
      E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%87%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%
      E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%83%88
    • フランツ・ペーター・シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、歌曲の王と呼ばれることもある。

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B7%
      E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
  • 【オールストリア】
  • モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart、1756年1月27日 - 1791年12月5日)はオーストリアの音楽家。ハイドン、ベートーヴェンと並んで古典派音楽、ウィーン古典派を代表する一人である。
  • シューベルト(Franz Peter Schubert, 1797年1月31日 - 1828年11月19日)は、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、歌曲の王と呼ばれることもある。
  • (C)その他

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」解説(安らぎブログ)の現在掲載国の開催案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

世界の歌Part10掲載日のためクローズド:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • また、世界の歌、世界の歌解説(1)・(2)、現代社会Vietnam特集、今週の歌(🕊️公式HP・📖安らぎHP)以外に、下記に第十回世界の歌・関連の掲載物を順次収録予定。

    第11回世界の歌・ドイツ(Germany)解説(3)主な曲と歌手
    →作曲家や歌のテーマを総合案内所に掲載後に順次収録。歌手のSNSや情報も一月おきに収録予定。
    h

    第11回世界の歌・ドイツ(Germany)解説(その4と5)各週の内容と手紙等収録
    →毎週の今週の歌をTwitterやFacebookに掲載したものを毎回順次収録。場合によれば歌手宛メッセージも収録する場合もあります。
    h

コラム

  • リスト1

予備

  • リスト1

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「政経関連掲載」の本年掲載予定案内が出ます
        ☟ 🗽(既に開いている場合を除く。)

本年(2020年)☞下記の項目で私の政策を記載予定でいる。

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「時事更新」の案内が出ます
        ☟ 🌎(既に開いている場合を除く。)

毎週火曜日更新→🌎時事更新

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」の現在掲載国の首脳案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

🎼世界の歌案内/第12回ケニア準備中

  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍
    🎼第12回世界の歌: 
    🎶
  • 第十回世界の歌・ベトナムは、全HP改訂作業の関係で、十一月か年末年始頃から開始予定。
  • ↓世界の歌へリンク (↓Click flag)
  • 世界の歌いずれも印象深い。第十回ベトナム開始まで、世界の歌掲載曲から一曲ずつ掲載。
    HTMLソースを入力して下さい。
  • 【ケニアの首脳】
  • Click Picture↓(写真クリックでウィキペディア解説へリンク)
  •  →写真クリックでウィキペディアにリンク
  •  →写真クリックでウィキペディアにリンク

    Click Picture↓(写真クリックでウィキペディア解説へリンク)

🎼世界の歌案内

  • 2020/03/15から、第11回世界の歌・ドイツの関係(4月12日頃開催)で、ドイツに順次置き換えて行きます。ただし、4月12日まで、今週の歌該当(現在はパート集)は付録編としてベトナム特集中です。第10回ベトナムと第11回ドイツへの移行準備の期間です。
  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍
    🎼第11回世界の歌:Germany(ドイツ) 
    🎶The eleventh world song Germany: Grand exhibition HP
  • ↓世界の歌へリンク (↓Click flag)
  • 🎼第11回世界の歌:Germany(ドイツ):ポスター:画像クリックで正式案内PDFがオープン
  • 【第11回世界の歌・ドイツ】世界の歌いずれも印象深い。第12回ケニア開始まで、世界の歌Grand Venue(本会場)掲載曲から一曲ずつ掲載。
  • 日程表
  • 【ドイツの首脳】
  • フランク=ヴァルター・シュタインマイアー(シュタインマイヤー、ドイツ語: Frank-Walter Steinmeier、1956年1月5日 - )
    連邦大統領2017年3月19日~ ):任期5年:三選禁止
    ドイツの政ドイツ社会民主党。
    2005年より2009年まで第1次メルケル内閣で外務大臣を務めた。
    2007年11月より2009年10月まで副首相を兼任。
    2013年から2017年にかけて第3次メルケル内閣で外務大臣を務めた。
    その他1999年 ‐ 2005年、ゲアハルト・シュレーダー内閣で連邦首相府長官。2007年上半期に欧州連合理事会議長を務めた。
  • President of Germany :( 19 March 2017~ ):Der Bundespräsident.
    He was previously Minister for Foreign Affairs from 2005 to 2009 and again from 2013 to 2017, and Vice-Chancellor of Germany from 2007 to 2009. He was chairman-in-office of the Organization for Security and Co-operation in Europe (OSCE) in 2016.
  • Click Picture↑(写真クリックでウィキペディア解説へリンク)
  • Адміністрація Президента України, CC 表示 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=69962940による。

  • アンゲラ・ドロテア・メルケル(Angela Dorothea Merkel)
  • Bundeskanzlerin der Bundesrepublik Deutschland.
    出生名:アンゲラ・ドロテア・カスナー/Angela Dorothea Kasner、1954年7月17日 -
    2000年~2018年キリスト教民主同盟 (CDU) 党首
    2005年から第8代ドイツ連邦共和国首相を務める。
    ドイツの歴史上初めてとなる女性首相である。

    2018年10月14日のバイエルン州、10月28日のヘッセン州での州議会議員選挙でCDUは苦戦を強いられ連敗。10月29日にメルケルはCDUの会合にて、同年12月に行われる党首選挙には出馬しない意向を表明した。首相は続投し、2021年の任期限りで政界を引退する意向。
  • Born 17 July 1954
    The chancellor of Germany since 2005.
    She served as the leader of the centre-right Christian Democratic Union (CDU) from 2000 to 2018.
    Merkel has been widely described as the de facto leader of the European Union, the most powerful woman in the world, and by some commentators as the "leader of the free world".
  • Click Picture↑(写真クリックでウィキペディア解説へリンク)

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」正式案内版が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

(A)世界の歌・詳細解説→▽をクリック

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば世界の歌開催国の政治経済特集ページの案内がでます。
        ☟🌎(既に開いている場合を除く。)

(B)現代社会(ドイツ)・詳細解説→▽をクリック

コラム

コラム



全サイト連絡事項

2020年4月13日
第11回世界の歌・🇩🇪ドイツ開催日程(案)
2020年3月25日
💁(March. 25 /2020)公式HP・公式Twitterと安らぎ文庫HP・YasuragiTwitterについて。
2020年3月9日
(March 9)【歌と写真の今後予定】

お祝い・追悼の言葉:2015年10月30日から

2020年2月23日
㊗スケート・高木美帆・小平奈緒・羽生結弦様:スキー・高梨沙羅様
2020年2月21日
㊗Mr. Bong Joon-Ho(봉준호)への祝い文など。
2020年2月9日
🎍エールメッセージ―島津亜矢・熱唱「美しい昔」を聴いて―星野哲郎・高橋竹山両氏の思い出とともに
2019年11月7日
🎂浜田隆政から「福原愛 Ai Fukuhara」へのメッセージ:Happy birthday! Message
2019年8月8日
㊗小泉進次郎君、クリステル滝川さん結婚おめでとう(蛇足:おじいちゃんもおめでとう)
2019年7月24日
アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)訪日メッセージ{今週の歌・掲載へのお礼を込めて}
2019年5月8日
福原愛ちゃん―二子目の子を見て
2019年5月8日
Dear Marina Devyatova /Марина Девятова
2019年5月8日
グラミー賞でレディガガからThis is Americaで驚く③:ガガさん\(^O^)/
2019年1月16日
追悼―梅原猛様

感謝・御礼の言葉

2020年5月6日
第11回世界の歌(🇩🇪ドイツ)・正式案内をドイツ政府若しくはメルケル首相へE-mail送信文。
2018年1月3日
御礼―南雲堂様(『求め続けて・第三部』掲載に当たり、当時シュバイツァーテキスト関連でお世話になった南雲堂様への御礼の言葉)
2018年1月2日
御礼―ニューミヤコホテル館林様(自転車無料拝借への御礼)
2018年1月1日
御礼―足尾鉱毒事件田中正造記念館様(同記念館宛年賀状より引用)
2017年12月9日
御礼―松本ツーリストホテル様(長野の写真掲載の関連で記す)
2016年12月3日
16-07・御礼―ビジネスホテル・サンライト様
2016年12月2日
16-06・御礼、水俣病資料館様
2016年12月1日
16-05・御礼 水俣市産業建設部 経済観光課 商工観光振興室KK様及び一同様
2016年11月30日
16-04・水俣市役所総合案内所、総務課様―自転車などお世話になりました
2016年6月13日
16-03・孫文記念館様、写真の件では解説に時間をおとらせしました。孫文記念館の発展祈願!

項目別リンク一覧

2019年1月31日
公式Blog:A-011:【項目】2018年1月
2016年12月13日
安らぎBlog:A-010:【項目】2015~16年発売書籍解説箇所
2016年12月10日
安らぎBlog:A-009:【項目】2016年今月の歌の解説
2016年12月10日
安らぎBlog:A-008:【項目】2015年今月の歌の解説
2016年12月10日
安らぎBlog:A-007:【項目】教育関連―毒饅頭の教育批判(安らぎBlog所収)
2016年12月8日
公式Blog:A-006:【項目】その他(2015~2016年)
2016年12月8日
公式Blog:A-005:【項目】徒然なるがままにシリーズ

トラブル&私的記録Blog

2020年7月18日
T20-002:大昔に嘘と思ったG氏「輪姦」話の件と…何故か私が脅されているかのような気配の件。
2020年6月25日
T20-001・【能開大】世取山清氏に関するメモ―1(労基法違反人物の実名化)
2019年10月25日
№19-006:十年前のN組合長のときの危険物不法投棄問題…:19-004~005との絡みで掲載
2019年10月25日
№19-005:2019年我が家土地で不可思議な…(ネズミの死体まで):2019/10/25正式公開
2019年10月25日
№19-004:2014年墓掃除妨害(蜂・蟻等…刺される。誰かの仕掛け疑惑あり):2019/10/25正式公開
2019年5月31日
№19-003:耳鳴り問題と更なるフィールドワーク妨害
2019年4月12日
№19-002:2019/04/08のフィールドワーク妨害について:4/12から正式公開
2019年1月19日
№19-001・腰痛から歯痛への謀略の謎
2018年11月11日
№18-008・写真フィルム入れ替え事件疑惑(2)
2018年11月1日
№18-007・家での独り言。人は聞こえた振り。聞こえた振りで伝わっていない事例の一部。
2018年9月14日
№18-006・写真フィルム入れ替え事件疑惑
2018年8月20日
№18-005・2018年8月19日深夜の警察?来訪と2000年事件の追記
2018年5月7日
 №18-004・2018年2月17日パトカー来訪の件:またも私の偽者が暗躍か?
  • MAY PEACE PREVAIL ON EARTH! World Federation!!!