新着NEWS群(画像クリック)

コラム

  • 💁: ㊙私文書&私的部門公開目次は下記文字アンダーラインクリック
  •  ①私的ブログ目次  ②私文書公開目次 ③私的情報公開  ④トラブルブログ
  • 💁:【定期更新】
    ①🎼世界の歌→10、20、30日前後
    ②🌍時事更新→5、15、25日前後
    ③📅HP活動のまとめ→1、11、21日前後
    ④📷巨大写真→隔日更新

    【必要に応じて】
    ①政経→🕊️公式ブログ
    ②教育・芸術→📖安らぎブログ
    ③短い物やSNS紹介物→☝気がむけば一言
    ④トラブル類→⚔トラブルブログ
    ⑤私的事項→㊙私的ブログ

  • 【当面掲載物案】(予定というよりも検討中の案):
  • HTMLソースを入力して下さい。

最近のお勧めコンテンツ

  • (縮小💁)☞http://yasuragiblog.h-takamasa.com/?menu=37031
  • 【現在連載中】
  • ①(公式ブログ)2013年の真相(日本のフィクサーME・パート2の一部)
    ②(気が向けば一言)👧(女性)回想
    ③(気が向けば一言)【駿台】女性問題でっちあげ被害の謎と、引き続くトラブルの謎、更          に人間違い被害疑惑
    ④(安らぎブログ)📷写真残酷物語→暫く休止

🕊️【公式ブログ】2013年の真相シリーズ

  • ①(公式ブログ)2013年の真相(日本のフィクサーME・パート2の一部)
  • 上記クリックで目次PDF出現
  • http://yasuragiblog.h-takamasa.com/wp-content/uploads/2020/12/debf92068ef590f3ea50c54c15636f70.pdf
  • 日本のフィクサーMEシリーズ↓『日本のフィクサーME・掲載箇所リンク集』
  • http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=24005
  • �🕊️日本のフィクサーMEシリーズ全シリーズの概要と公開中の📣アドレス集(清書・大幅追記)写真クリックで(公式ブログ)該当箇所へリンク
  • 日本のフィクサーMEシリーズ↓Part-1からPart-2へ。
  • PDFのない人はクリック→http://hamatakachan.uh-oh.jp/?p=27316
  • 【日本のフィクサーME】(リンク集)
  • Part-1→Kindle、KOBO各百円($1)で発売中
    Part-2→リンク集(只今、本格整理中)
    Part-3→リンク集(原稿作成前)
    Part-4→リンク集(只今整理中)
    Part-5→リンク集(断片以外の本格原稿執筆前)
    Part-6→リンク集 (執筆前)
このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム

  • 💁:

駿台予備学校講師を辞めた経緯を記載した箇所のアドレス集=解説は▽クリックでオープン

  • 【2021/07/20】(駿台関連リンク集)下の絵をクリック
  • 駿台時代の件の謎


  • 1986年4月大阪校移動後に、マイク・温度調整…無関係学生…と授業妨害、1987年からは岡山市のアパートへの住居不法侵入、🚴悪戯、未明の📪叩き、拉致被害未遂…と。駿台あっ旋東洋ホテルでも被害…後にホテルは身売りし、更に閉業。
    駿台女性に指一本触れず、デート所か学外でも合わず、○○室係女性6年合計で一人当たり十分程度の会話で…更に駿台辞職後、勤務先能開大学校などが一変…被害は2020年現在も続く。36年の被害の謎。

    上記より理論分析すると、犯人Xが私と誰か(Y)と人間違いをして……物語が進行したとしか解釈はできない。また、世界の、私の友人達(テレビやパソコンで出会った世界の首脳の何人か)は何か情報を持っているのか、偽者(にせもの)の強調や…(後は本文参照。)

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「旅に心をもとめて」の本年掲載物案内が出ます
        ☟ :🚴・🚌・🚂・🚶(既に開いている場合を除く。)

😴予備:休止中(Now, suspension.)🚧🔨修正中:【🚴旅・フィールドワークシリーズ】:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • 予告
    click Picture=Link

  • 【🚴&🚂&🚌旅シリーズ
  • 【2020/1/15公開】旅に心を求めて
    What is a Human Being?日野富子(1440-96)を訪ねて、歴史に想う::📷日野富子の墓(向かって左から二番目の小さい墓)↓click Picture=Link
  • 写真クリック or 右クリックでリンク=http://h-takamasa.com/Blog/?p=20294
  • ●日野富子の小さな墓を前に、人間とは何か、幸福とは何か…を考える。更に戦(いくさ)…も
  • 【抜粋】…権力や富を手に入れた人達あるいはその子達が、安らぎの場である、自らの家族の中に大きな苦悩を抱えている姿を、私は必ずと言ってよいほど目にする
     少なくとも、権力や大金を手中にしている人たちの兄弟姉妹が全員非常に仲が良かった、という話を聞いたことがないのは私だけではあるまい。いわば法則といって良いのではないかと思うことさえある。
     ともかく、富子の片手には権力と富が、片手には夫との不和、息子と夫(息子の実の父)との確執、自分の実の妹との軋轢(あつれき)という苦悩を抱えることになる。その上、彼らの死去により一人取り残され、そして彼女の財産を手中に収めた遠縁の義澄(よしずみ)の彼女への態度を再度思い起こしていただきたい。彼女の人生は何であったのか。

😴予備:休止中(Now, suspension.)🚧🔨修正中:【芸術関連】:解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • 【📷🎦】芸術関連
  • 予告【2020/?/? 正式公開予定】?・№178・Mr.obamaのセルマ行進写真を題材に写真・芸術とは何かを考える
    :超多忙でアメリカ大統領選挙後に清書検討
  • (下書き段階公開)http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1265/
  • 😴予備:休止中(Now, suspension.):№178・Mr.obamaのセルマ行進写真を題材に写真・芸術とは何かを考える

    • ↑ click Picture=Link
    • 【浜田隆政コメント】先日、ミスター・オバマ関連の写真の幾つかにまとめて「いいね」をした。この時のみは、内容ではなく、写真としての価値からの「いいね」であった。後日、この写真を題材に、「写真とは何か」「芸術とは何か」について記す。時期は超多忙で未定である。 なお、上記の写真は調べるとポスターとして販売されていた(現在、売れ切れである。)同上はこのポスター会社のCMから掲載している。ポスター会社のCM版を私のHPでCMすることは一般に苦情がつきにくいからである。
    • 2020/03/12 15:39 当初は下書き保存し、メモが下書きとなってから(SNSのCM抜きで)公開し、清書段階で(SNSのCM付きで)正式公開予定でいたが、2020/03/12 15:41 前者公開とする。 現在は下書きよりもメモ段階(追記以上に、削除する部分が多い。特に英語の部分はかなり削除予定)
    • 予告 【 2020/03/?】気が向けば一言【政治 】 №179・奇妙な話―コンテンツの謎―オバマ氏~ジョンルイス氏~トランプ氏…何の話(メモ段階)。 http://h-takamasa.com/Blog-2/a-01/news/1269/
  • 【ふるさとシリーズ】


  •  💌情報公開コーナー


  • 🥴😵奇怪な出来事(催眠と謀略編)コーナー


  • 🔐重要コーナー

📷(写真関連)→巨大写真コーナー:(クリックで該当箇所へ):↓Picture Click📷↓

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」解説の現在掲載国の毎週の開催案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

毎週日曜日更新→🎶今週の歌

  • 今週の歌・第三会場
  • (今週の歌に未掲載のコンテンツ)
  • (1)イタリア特集。
  • 【浜田隆政コメント】
  • HTMLソースを入力して下さい。
  • 日本外務省のイタリア案内箇所https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/italy/data.html
  • 【浜田隆政コメント】(9/30~10/9)
  • HTMLソースを入力して下さい。
  • HTMLソースを入力して下さい。
  • 【今週の歌に収録のコンテンツ】
  • 公式HP=(10/19-11/9頃)→http://takahama-chan.sakura.ne.jp/
  • ①【イタリア】Katherine Jenkins & Julian Lloyd Webber: Speak Softly Love(Godfather Theme)
  • 安らぎ文庫HP=6曲(10/20-11/9頃)→http://h-takamasa.com/
  • HTMLソースを入力して下さい。



  • 第3回世界の歌改訂・イタリア
  • (A)→主として🕊️公式HPで掲載予定
  • (1):『オー・ソレ・ミオ』(ナポリ語: 'O sole mio、私の太陽)
      →イタリアのカンツォーネ(ナポリ民謡)。ジョヴァンニ・カプッロ(イタリア語版、英語版)作詞、エドゥアルド・ディ・カプア、アルフレード・マッツッキ (Alfredo Mazzucchi 1878-1972)[1]作曲。1898年作詞・作曲

  • (2)②Madame Butterfly. (蝶々夫人)
  •  →ジャコモ・アントニオ・ドメニコ・ミケーレ・セコンド・マリア・プッチーニ(伊: Giacomo Antonio Domenico Michele Secondo Maria Puccini、1858年12月22日 - 1924年11月29日)は、イタリアの作曲家。その作品である『トスカ』、『蝶々夫人』、『ラ・ボエーム』などのオペラは今日でも上演の機会が多いことで知られる。イタリアのルッカに生まれ、ベルギーのブリュッセルで没した。
  • →『蝶々夫人』(ちょうちょうふじん、伊: Madama Butterfly, マダマ・バタフライ)とは、プッチーニによって作曲された2幕もののオペラである。いわゆるプッチーニの「ご当地三部作」(あとの2作は「西部の娘」、「トゥーランドット」)[要出典]の最初の作品である。

    長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描く。物語は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの弁護士ジョン・ルーサー・ロングが1898年にアメリカのセンチュリー・マガジン1月号に発表した短編小説(Madame Butterfly)」を原作にアメリカの劇作家デーヴィッド・ベラスコが制作した戯曲を歌劇台本化したものである。1904年2月17日、ミラノのスカラ座で初演されたそれは大失敗だったが、同年5月28日ブレシアで上演された改訂版の成功以来、標準的なレパートリー作品となっている。

    色彩的な管弦楽と旋律豊かな声楽部が調和した名作で、日本が舞台ということもあり、プッチーニの作品の中では特に日本人になじみ易い作品である。特に第2幕のアリア「ある晴れた日に」は非常に有名である。反面蝶々役の歌手にとっては終始出ずっぱり・歌のパートも長く多い(第二主役であるピンカートンの数倍に及ぶ)ため、また若く愛らしい娘の役であるにも拘らず、プッチーニのソプラノ諸役の中でも特にテッシトゥーラが低く、中低音域に重点を置いた歌唱が求められるため「ソプラノ殺し」の作品とも言われる。(Wikipediaより)
  • (B)→主として、📖安らぎ文庫HPで掲載。 
  • 【(世界の歌で登場予定の)有名な作曲家一覧】
  • (3)O mio babbino caro「私のお父さん」
     (わたしのおとうさん、イタリア語: O mio babbino caro)は、ジャコモ・プッチーニが作曲し、ジョヴァッキーノ・フォルツァーノがリブレット(オペラ台本)を書いた1918年初演のオペラ『ジャンニ・スキッキ』の中で、ソプラノが歌うアリア。比較的短いアリアであるため、アリエッタ (arietta) として言及されることもある(Wikipedia)
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%88%B6%E3%81%95%E3%82%93
  • (4)④四季:(Le quattro stagioni:The Four Seasons)
     アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678年3月4日 - 1741年7月28日)は、ヴェネツィア出身のバロック音楽後期の著名な作曲家の一人、ヴァイオリニスト、ピエタ院の音楽教師、カトリック教会の司祭。興行師、劇場支配人でもあった。多数の協奏曲の他、室内楽、オペラ、宗教音楽等を作曲。現代ではヴァイオリン協奏曲『四季』の作曲者として広く知られている。(Wikipediaより)
  • (C)→🕊️公式HPと📖安らぎ文庫HPで共通掲載。 
  • →イタリア生まれの民謡、民謡の域に達したイタリアの歌、また最近のイタリアの歌などを紹介します。詳細な曲は10/17頃に記載します。
    ①【民謡】)→ Santa Lucia、、Tarantella Napoletan
    ②【オペラ】→Aida、、Torna a Surriento、La Traviata(椿姫)、Nessun Dorma"
    ③【イタリアのクラシック】→アントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi)他
    ④【イタリアの】→Ennio Morricone(帰れソレントへ)、他は当日まで非公開
    ⑤【その他】→当日公開
  • (D)①ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti)
  • ルチアーノ・パヴァロッティ(Luciano Pavarotti、1935年10月12日 - 2007年9月6日)は、イタリアのオペラ歌手。声域はテノール。
    「神に祝福された声」「キング・オブ・ハイC(二点ハの王者)」「イタリアの国宝」と評された豊麗な美声、申し分ない声量、明晰な発音、輝かしい高音が魅力の、20世紀後半を代表するオペラ歌手の1人。
     プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても知られる(3人の中でパヴァロッティが最年長)。(解説はWikipedia、下記リンク。写真はレコード会社[keep.co.jp]のCM版から)
  • https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%BC%
    E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%83%
    E3%83%86%E3%82%A3
  • (D)②マリア・カラス(Maria Callas)
  • マリア・カラス(Maria Callas, ギリシア語: Μαρία Κάλλας, 1923年12月2日 - 1977年9月16日)は、ギリシャ系アメリカ人のソプラノ歌手。ニューヨークで生まれパリで没し、20世紀最高のソプラノ歌手とまで言われた。特にルチア(ランメルモールのルチア)、ノルマ、ヴィオレッタ(椿姫)、トスカなどの歌唱は、技術もさることながら役の内面に深く踏み込んだ表現で際立っており、多くの聴衆を魅了すると共にその後の歌手にも強い影響を及ぼした。(Wikipediaから。写真クリックでWikipediaへ)
  • (D)その他
  • (5)イタリア周辺の地図
  • イラストAC社さんから拝借(無料と明記あり)
  • ZenTech社から拝借。同社 へメール:info1★travel-zentech.jp
  • 外務省「地域別インデックス(欧州)」より抜粋。掲載箇所アドレスは以下。
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/europe.html
    なお、地図クリックで、地図の引用元「Illust AC」にリンク解説にリンク

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」解説(安らぎブログ)の現在掲載国の開催案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

😴予備:休止中(Now, suspension.):解説は▽クリックでオープン:Open▼←click

  • In Latin American folklore, La Llorona (American Spanish: [la ʝoˈɾona]; "The Weeping Woman" or "The Wailer") is a ghost who roams waterfront areas mourning her children whom she drowned.

  • h
  • 【時事更新掲載文[5/5: May 5]より抜粋】
    Aumaさんのお母さんが最近なくられたそうです。追悼の意を表します。
    私も2012年に母を亡くしたときを思い出しました。
    それもあり、世界の歌・ケニアとアフリカ特集の中でアフリカでの母に関する歌を近々紹介予定です。
    (上記5/9: May 9が該当コンテンツです)

    なお、SNS等で、追悼のMessageを送付したり、結婚祝い・誕生日祝いなどを送付したりすることは現時点では全て可能です。相手が送付しても困らなければ、希望者全員に送付することは、私の方は現時点では可能です。(一部雛形活用となりますが)。

    しかし、少し前には(アメリカ大統領が…の時などは)、(誰かが悪戯(いたずら)するため、例えば関学🆚日大アメフト事件…など)で当惑された方もおられ、全員に送付は保留中です。
    その前に、今は頭が機能不全となっており、頭が冷静になるまでは一部の人を除いて保留中です。

     ただし、音楽掲載コンテンツと写真を写したご当地には可能な限り、メッセージを送付したいと考えています。後者で言えば、肖像権・プライバシーに配慮していますが、それでも相手が困る場合に連絡をもらうためです。音楽もコンテンツを作成者へのエチケットとどのように活用しているかの報告です。相手からの注文を受け付けるためです。もっとも、それらも現時点では一部できない状態となっています。

😴予備:休止中(Now, suspension.)

  • リスト1

😴予備:休止中(Now, suspension.)

  • リスト1

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「政経関連掲載」の本年掲載予定案内が出ます
        ☟ 🗽(既に開いている場合を除く。)

本年(2020年)☞下記の項目で私の政策を記載予定でいる。

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「時事更新」の案内が出ます
        ☟ 🌎(既に開いている場合を除く。)

2021年1月15日から本格再開:🌍時事更新→5、15、25日前後

🤡コロナウィルスに関する私の指針(■クリックでオープン)

  • 【コロナウィルス】

😴予備:休止中(Now, suspension.)🎼世界の歌案内/第12回ケニア準備中

  • 🎶🎷 🎸🎹 🎺ト 🎻 🥁 🎤 👨‍🎤👩‍
    🎼第12回世界の歌: 
    🎶
  • "Baba Yetu" (Swahili: "Our Father") is the theme song for the 2005 video game Civilization IV. It was composed by Christopher Tin and performed by Ron Ragin and the Stanford Talisman.[1][2][3] For its re-release in Tin's debut album Calling All Dawns, it was performed by the Soweto Gospel Choir. The song, when rereleased, became the first piece of video game music to be nominated for and to win a Grammy Award.
  • https://en.wikipedia.org/wiki/Baba_Yetu
  • Not to be confused with Christopher Tyng, the American composer known for his work on Futurama.
  • https://en.wikipedia.org/wiki/Christopher_Tin

🎼世界の歌案内/第12回ケニア(■クリックでオープン)

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」の現在掲載国の首脳案内が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

🎼世界の歌案内

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば「🎼世界の歌」正式案内版が出ます
        ☟(既に開いている場合を除く。)

(A)世界の歌・詳細解説→▽をクリック

コラム

  • 💁:下記バーの中の▼をクリックすれば世界の歌開催国の政治経済特集ページの案内がでます。
        ☟🌎(既に開いている場合を除く。)

(B)現代社会(Kenya)・詳細解説→▽をクリック

  • 🌎現代社会:御案内
  • HTMLソースを入力して下さい。

コラム

コラム



全サイト連絡事項

2021年10月16日
第3回世界の歌・イタリア改訂版・開催日程(案)
2021年10月8日
2021年10月の日程(案)と2021年全体の構想。
2021年8月30日
2021年9月の日程(案)と2021年全体の構想。

お祝い・追悼の言葉:2015年10月30日から

2021年6月26日
追悼 #立花隆 様 「 #第一次安倍政権 終焉の話」
2020年2月23日
㊗スケート・高木美帆・小平奈緒・羽生結弦様:スキー・高梨沙羅様
2020年2月21日
㊗Mr. Bong Joon-Ho(봉준호)への祝い文など。
2020年2月9日
🎍エールメッセージ―島津亜矢・熱唱「美しい昔」を聴いて―星野哲郎・高橋竹山両氏の思い出とともに
2019年11月7日
🎂浜田隆政から「福原愛 Ai Fukuhara」へのメッセージ:Happy birthday! Message
2019年8月8日
㊗小泉進次郎君、クリステル滝川さん結婚おめでとう(蛇足:おじいちゃんもおめでとう)
2019年7月24日
アリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)訪日メッセージ{今週の歌・掲載へのお礼を込めて}
2019年5月8日
福原愛ちゃん―二子目の子を見て
2019年5月8日
Dear Marina Devyatova /Марина Девятова
2019年5月8日
グラミー賞でレディガガからThis is Americaで驚く③:ガガさん\(^O^)/

感謝・御礼の言葉

2021年4月9日
惣宗寺・佐野市役所・観光案内所
2021年4月9日
田中正造祈念像記念館と館林市役所
2021年3月16日
下野新聞社
2020年5月6日
第11回世界の歌(🇩🇪ドイツ)・正式案内をドイツ政府若しくはメルケル首相へE-mail送信文。
2018年1月3日
御礼―南雲堂様(『求め続けて・第三部』掲載に当たり、当時シュバイツァーテキスト関連でお世話になった南雲堂様への御礼の言葉)
2018年1月2日
御礼―ニューミヤコホテル館林様(自転車無料拝借への御礼)
2018年1月1日
御礼―足尾鉱毒事件田中正造記念館様(同記念館宛年賀状より引用)
2017年12月9日
御礼―松本ツーリストホテル様(長野の写真掲載の関連で記す)
2016年12月3日
16-07・御礼―ビジネスホテル・サンライト様
2016年12月2日
16-06・御礼、水俣病資料館様

項目別リンク一覧

2021年2月24日
日程項目リンク集
2020年12月29日
2013年の真相リンク集
2020年12月29日
駿台関連リンク集
2019年1月31日
公式Blog:A-011:【項目】2018年1月
2016年12月13日
安らぎBlog:A-010:【項目】2015~16年発売書籍解説箇所
2016年12月10日
安らぎBlog:A-009:【項目】2016年今月の歌の解説
2016年12月10日
安らぎBlog:A-008:【項目】2015年今月の歌の解説

トラブル&私的記録Blog

2021年8月27日
T21-007: 請求書と申込確認対応のトラブル(NTT):💁正式公開
2021年6月3日
T21-006(トラブルではないかもしれぬが)25のつく日の破損連続参考記述。
2021年4月20日
T21-05: Twitterトラブル(2021/04/18~2021/04/20)
2021年3月27日
T21-04🚕計画的な車による挑発の謎
2021年3月9日
T21-03計画的な車接近危険運転被害―状況証拠からは殺人未遂被害を連続うけた報告文
2021年1月17日
T21-002・住所間違いの被害例(本日もJAがZ家の灯油を入れかけ…)
2021年1月13日
T21-001・サイバー攻撃・アマゾンに絡めての危害連続(同一住所二軒及び人間違い危害との関連臭わせ)
2020年12月4日
T20-004・私の偽者を指摘すると、サイバー攻撃に遭う謎
2020年10月27日
T20-03-トラブル類項目メモ集→順次掲載後に清書化(作業用メモ)
2020年7月18日
T20-002:大昔に嘘と思ったG氏「輪姦」話の件と…何故か私が脅されているかのような気配の件。
2020年6月25日
T20-001・【能開大】世取山清氏に関するメモ―1(労基法違反人物の実名化)
2019年10月25日
№19-006:十年前のN組合長のときの危険物不法投棄問題…:19-004~005との絡みで掲載
2019年10月25日
№19-005:2019年我が家土地で不可思議な…(ネズミの死体まで):2019/10/25正式公開
  • MAY PEACE PREVAIL ON EARTH! World Federation!!!